日常あれこれ

KEFのアクティブスピーカーLSX購入

ブルートゥースの良音スピーカーが欲しい!

巷にブルートゥースのスピーカーはあふれていますが、だいたいが小ぶりのポータブルスピーカーが多く、しっかりとリビングで聞くようなスピーカーはあまり見かけません。ブルートゥース自体が音を圧縮して飛ばすので、それを良いスピーカーで聞いてどうするのというところがついて回るのか、ワイヤレスアクティブスピーカーもだいたいはWiFi環境を使ってデータ伝送することを前提としています。

そう言っても、家にWiFi環境はないし、iphoneの小さいスピーカーから音楽を聴くのもわびしい限りで、アップルミュージックからCDに戻ることもできず、下のような条件でスピーカーを探していました。

  • WiFi環境なし、ブルートゥースのみで使える
  • アンプ不要、スピーカーだけで聞ける
  • 出来るだけいい音、予算は10~20万円くらい

 

友だちからいくつかおすすめされる

オーディオマニアの友人に相談したら、いくつか候補のブランドを教えてもらいました。

BOSE、ソニー…自分のイメージ的に好きではない。音がどうこうじゃなくて、感覚的な話です。試聴もせずにドロップしました。

バングアンドオルフセン(B&O)…20万円くらいのスピーカーを銀座のショールームで試聴しましたが、音がこもっていてはっきりしなかったです。金ぴかの三角屋根とか丸い大理石の家具みたいなデザインは素晴らしいですが、我が家においても浮きそう。音重視なのでドロップ。

ディナウディオ…WiFiスピーカーのMUSIC1~7を試聴させてもらいました。価格的には16万円のMUSIC7が候補になって、ウーファーもついていてだいぶいい感じではありました。ただこのスピーカーのデザインの目玉である前面のサランネット。この形状を作るのに樹脂でかなりしっかり作っていて、これをつけていると音のこもりが気になりました。サランネット外して聞くと、音の迫力やクリアさすべて圧倒的です。でもせっかくならカバー付けて聞きたい…悩みどころです。ちなみに新富町のショールームで聞きましたが、帰り駐車禁止のキップ切られました。

そして最終的にKEFになった

KEFのスピーカーはビックカメラとかでも売ってますが、ろくな対応してくれないので、丸の内のKEFショールームに行きました。WiFi環境ならLS50 wirelessもありですが、ブルートゥースメインだとLSXしか選択肢がありません。それに価格的にもLSXでした。

LSXでも音が真ん中から聞こえてくる感じ、音の厚み、深み、ひとつひとつの音のクリアさ、数千~数万円の小さなブルートゥーススピーカーとは比べ物になりません。僕も奥さんもいたく感心してしまい、全会一致でLSXに決まりました。ネットや量販店では安いのを知っていて、16万円の定価(5000円引きクーポンはありましたが…)で買うのは少し悔しいですが、サービスしてもらった対価として考えれば納得はできます。最初のセットアップはファームウエアのアップデートもあってWiFi環境推奨のため、お店でやってもらいました。こういうサポートも助かります。

家でじっくり聞いてみる

ブルートゥース経由ではありますが、家で二日ほどじっくり聞いています。音がいいってだけでリビングの快適度がものすごく上がって、とても良い感じです。ただ、お店の人は音源に手を加えないでそのまま出していると言いますが、まだドンシャリっぽく聞こえます。いずれにしても10万円以上出す価値のあるスピーカーです。

音全体のまとまりより、ひとつひとつの音がハッとするくらいクリアです。ヴォーカルが目立ってクリアに聞こえますが、ずっと聞いていると耳と脳が疲れてきます。音のキレも切れ味が良くて、本物の楽器を聞いているようです。定位が簡単に取れるのは素晴らしいです。まだ二日なので、エージング進んていけば聞こえ方も少し丸くなるんじゃないかと期待しています。

ショールームではフロアスタンドにスピーカーを置いていましたが、35000円が惜しく、とりあえず買わずに帰ってきました。家で聞いてみると床置きと台の上では劇的に音質が違います。いまはイスの上に置いたりしてますが、近いうちにスタンドを買いに行くことになりそうです。