日常あれこれ

KEFのLSXがさっそくトラブル

購入してちょうど一か月のKEFアクティブスピーカーLSXですが、さっそくトラブルに見舞われ、サービスセンターに発送されていきました。

iPhoneのテザリングでWiFi環境を作る

LSXスピーカーの低音が足りないとつねづね思っていたので、お店の人に聞いてみました。家にLAN環境がなければ、テザリングで暫定WiFi環境作って、KEFのアプリでイコライザー変えてみたら多少は変化あるかもしれない、というアドバイスをいただきました。

LSXリセットして、WiFi環境で起動させる

いままでブルートゥースモードになっていたので、いったんスピーカーをリセットして、WiFiにつなげられるようにします。iPhoneはテザリングでWiFiルーターにするので、iPadにアプリを入れて、iPadからイコライザ―いじろうと思っています。ここまでは問題なく、iPadのKEF controlアプリがLSXを見つけてくれました。

ファームウェア更新中にフリーズ

ファームウェアアップデートしていたらアプリの画面がフリーズしてしまいました。バックグラウンドで動いていたのかもしれませんが、ずっと画面が固まったままだったので、とりあえず強制終了しました。これが最初で最大のミスでした。このあと、アプリでスピーカーを認識できなくなります。

何をしても問題解消されない

アプリにファームウェアの回復というメニューがありますが、IPアドレスの認識がうまくいかないのか、全く動作しません。登録したスピーカーをいったん削除して、再登録したところ、なぜかファームウェアアップデートはうまくいきましたが、スレーブ側から音が出ません。スレーブ側のLEDが赤色点滅でトラブルを伝えています。

KEFサービスセンターに発送手続き

購入したお店に電話連絡して、最終的にKEF JAPAN サービスセンターに送ることになりました。通常のメカのパッシブスピーカーならこんなことはあり得ない話ですが、ハイテクなアクティブスピーカーならではのトラブルです。ファームウェア更新は鬼門のようです。ソフトウェアだけの話なのですぐ直ると思うんですが…とりあえず箱を捨てないで取っておいてよかったです。着払いで発送しました。買ってひと月でこれだと怒る人もいるんじゃないかな…

ちなみに…

壁コンセントは将来の電源タップ購入のために三つ穴のものに変更しました。金・ロジウムメッキとかいろいろありますが、普通のパナソニック無メッキコンセントです。LSXに付属していたLANケーブルが3mで短いので、5mのものを購入しました。付属LANケーブルは端子が金のカテゴリー6で、購入したのはカテゴリー8です。やっぱりカテゴリー8は音良いです。