見た目

禁煙1週間が過ぎて

禁煙は順調

禁煙外来でチャンピックスを処方されて2週間、実際に禁煙をはじめて1週間がたちました。不思議とほとんど吸いたい気持ちになりません。ふとした瞬間、例えば食後や何か動作をする前などにタバコのことを思い出しますが、楽に意識の外に追い出すことができます。禁煙本の効果もあるとは思いますが、予想外に依存から抜けるのが楽ちんです。

薬の副作用がつらい

途中、チャンピックス錠が0.5mgから1.0mgに増量になるんですが、1.0mg時の副作用がきつかったです。まずは効きはじめの際の気分の悪さ。それから便秘、もしかしたら性機能障害。減薬したり断薬しても禁煙継続できれば問題ないわけで、勝手に0.5mgに減らして飲んでいます。医者にも伝えましたが、それなら0.5mgでいいよと言ってました。

禁煙の達成感と優越感

今日が医者の日だったんですが、呼気一酸化炭素濃度を測ったところ、前回17ppmだったのが、死ぬほど息を吐ききっても、2ppmより上がることはありませんでした。完璧にタバコを吸わない通常人レベル。数値で見えるとプチ達成感があります。帰りのセブンイレブンでタバコを買っている人を見かけて、早く卒煙しろよとこれまた軽い優越感。もう自分で吸うことはないと断言できそうです(笑)